• 受講コース
  • HOME
  • 受講コース

受講コース一覧

コース名レベル 
フライトコース初級初めての方はこちらから!
ビジネスコース中級DPA認定資格の取得が可能!ビジネスで利用できます。
建設コース上級点検技術の習得ができます!
レスキューコース上級レスキューに必要な技術を実機を使って習得できます!
初めての方はまずこちらのコースから!

Point1 円移動や四角移動等、ドローン操縦士に必要な25種類の技能が2日間で習得できます。

Point2 2日間で習得できなかった技能は、後日スキルアップコースにより、習得可能です。
【本コース受講特典】スキルアップコース1時間分(受講料10,000円相当)が、無料で受講できる補習チケットがもらえます。

Point3 実技講習に必要な各種ドローンを、無料にて貸し出します。

Point4 ドローン専門ECサイト(人気のドローンや注目アイテムが多数)の、DSJスペシャル会委員登録が可能です(無料)。
※購入ポイントが通常の2倍還元されます!

Point5 25種類の技能のうち20種類以上を習得すると、ドローンスクールジャパンの認定資格「DSJ1つ星技能認定」が取得できます。

フライトコース受講価格12万円(税別)

※こちらのコースはフライトコースを修了した方が受講可能です。

Point1 8の字旋回やカメラ撮影等、産業用ドローン操縦士に必要な20種類の技能が2日間で習得できます。

Point2 2日間で習得できなかった技能は、後日スキルアップコースにより、習得可能です。
【習得まで徹底サポート】2日間で習得できなかった技能は後日補習を行い習得することができます。
※後日補習は1時間1万円(税別)のスキルアップコース。

Point3 技能講習に必要な各種ドローンを、無料にて貸し出します。

Point4 20種類の技能のうち15種類以上を習得すると、ドローンスクールジャパンの認定資格「DSJ2つ星技能認定」が習得できます。
※一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)認定資格「ドローン操縦士回転翼3級」が取得できます。

Point5 日本初、FLIR DUOを搭載したドローンで実技訓練をすることができます。
FLIR DUOは、小型赤外線カメラ&小型HDカメラが組み合わさったツインカメラです。

Point6 DSJのインストラクターチームは、日本全国にいて「1.夜間・2.人口密集地区・3.目視外・4.建物30m以内」といった航空法規制内において包括的な飛行許可を、国土交通省より取得しています。この包括的な許可により弊社のインストラクターは、日本全国の航空法規制内エリアにて、国土交通省への事前申請なしにドローンを飛ばすことができます。

Point7 本コースで使用するドローン用小型赤外線カメラ(その2)FLIR VUEの用途例の一部

Point8 DSJは世界最大手の赤外線カメラメーカー:FLIR社(米国)と、FLIR VUEにおける国内総販売代理店契約を締結しており、赤外線カメラ搭載ドローンの活用分野においては、豊富なノウハウと独自のスキルを有しています。

Point9 ドローンで空撮した映像の、解析・加工技術が習得できます。(ドローンビジネスには必要不可欠な技術です。)
赤外線カメラ映像解析レポートの作成方法/3Dマッピング空撮の方法/空撮写真を画像連結する方法などが習得できます。

ビジネスコース受講価格:20万円(税別)
※DPAドローン操縦士回転翼3級 初回認定料12,000円

 

※こちらのコースはフライトコース、ビジネスコースを修了した方が受講可能です。

点検技術習得コース

点検に必要な技術ノウハウすべてをレクチャー!

点検作業付随業務
点検作業訓練フライト
点検結果集計フォーマット(使用料無料)

実際のスレートや太陽光パネルを設備
現場の作業と同じように訓練ができます!

現場体験コース

点検技術習得コースで身に着けた技術ノウハウを用いて実際に点検を行うコース
3か所のエリアから点検体験場所を指定して現場の空気に触れることが出来ます!

①点検パイロットとして覚えないといけないこと
②補助者として覚えないといけないこと
③目視外になった時の対処
④フォーマット作成
などの項目をマスターします!
終わった次の日から点検作業ができます!

技術メンテナンスコース

年3回、操縦技術のメンテナンスや知識の復習など全体的なメンテナンスを行っていきます!

①座学:DSJ愛知春日井校にて航空法や機体のメンテナンスについて
②操縦:DSJ愛知春日井校にて操縦技術のメンテナンス
③撮影:撮影技術の向上、撮影に必要な操縦技術を習得

 

※こちらのコースはフライトコース、ビジネスコースを修了した方が受講可能です。

レスキュー必須項目

○目視外飛行訓練
○夜間飛行訓練
○物件投下訓練

これらを受講すると…
↓↓↓

要救助者発見訓練コース

Point1 現場で活動したパイロットが直接指導!
Point2 なぜドローンでレスキューができるのか徹底説明!
Point3 実機を使って捜索から報告までをシュミレーション!

レスキュー体験コース

Point1 救命浮環を使って救命練習!
Point2 現場で気をつけることを直に感じてもらう練習!
Point3 実機を使って捜索から報告までをシュミレーション!